あさりの旨味がおいしい!! ボンゴレ・ビアンコの作り方

2019年4月26日Food, Recipe

ボンゴレビアンコ

春は潮干狩りの季節ですね。採れたあさりは、酒蒸しや味噌汁、フライなんかもいいのですが、パスタもいかがでしょうか?採れたてなら濃厚な旨味がおいしいですよ。とは言いつつも、このレシピでは冷凍のむき身のあさりを使っています。生でも冷凍でも、私のレシピは、いつでも、同じように、おいしく作れるように、心掛けているのです。

スポンサーリンク

材料(2人分)

  • パスタ…2人分
  • 冷凍のむき身あさり…(冷凍した状態で)60g
  • 白ワイン…大さじ4
  • エリンギ…1本
  • オリーブオイル…大さじ4
  • チューブのおろしニンニク…1-2cm
  • あさりダシダ…大さじ1.5~2
  • 昆布顆粒出汁…大さじ1/3
  • 醤油…10滴
  • 糸唐辛子…お好みで

あさりダシダが必須

このレシピの最大のポイントは、あさりダシダです。

ボンゴレビアンコに使うあさりダシダ

これはKALDIで売られている商品です。

以前、冷凍のあさりだけで試したのですが、やはりあさりの旨味、風味が物足りませんでした。

このレシピはあさりダシダなしには成り立ちません。

作り方

  1. エリンギを2-3mm幅の半月切りにし、チューブのニンニクと大さじ4のオリーブオイルで炒める。軽く焼き色が付いたら火を止め、そのまま置いておく。
  2. 冷凍のむき身あさりと白ワインを600Wの電子レンジで1分間加熱する。
  3. 加熱後の2に、あさりダシダ、昆布顆粒出汁、醤油を加え、軽く混ぜる。
  4. エリンギの入ったフライパンへ3を入れ、弱火にかけながら軽くふつふつなるまで混ぜ合わせる。これでソースの完成。
  5. 湯がいたパスタを湯切りせずそのままソースのフライパンへ入れ、絡める。糸唐辛子はお好みでお皿へ盛り付けたあとに乗せる。

要は、エリンギを炒めて、あさりの酒蒸し風と混ぜて、パスタと絡める、という簡単なものです。

簡単なのにおいしいっていいですね!

ニンニクを先に炒めなくてもOK

パスタのレシピだと、最初にニンニクを弱火で炒めて、香りをオイルに馴染ませてから、具材を炒めているものが多いですね。

ですが、チューブのニンニクですし、そうしなくても十分おいしく頂けます。

最初からオリーブオイルにチューブのにんにくを入れて、エリンギも入れてから火をつけてもらって大丈夫です。

塩気はあさりダシダで調整

特に作り方のポイントはありませんが、塩気はやや強めです。

このレシピの塩気はあさりダシダに由来しますので、薄味がよければ、あさりダシダの量を減らして下さい。

レシピでは年中手に入る冷凍あさりを使いましたが、潮干狩りで採ってきたあさりなら、さらにおいしいですよ。

おいしいものを食べて、お腹も心も満足させちゃいましょう。

Food, Recipe

Posted by 管理人