~我が家の秘伝レシピ~ ポテトサラダの作り方【隠し味は3つ】

Food, Recipe

ポテトサラダ 完成

ポテトサラダが好きな人は多いと思いますが、私もその一人です。色々と食べて来て、最終的にたどり着いたのがこのレシピです。シンプルな料理ですが、少しの隠し味で劇的においしくなりますので、試してみて下さい。

スポンサーリンク

材料(2~4人分)

材料は、隠し味以外は普通のポテトサラダと変わりません。

  • じゃがいも…3個
  • ベーコン…2枚
  • マヨネーズ…適量
  • 塩こしょう…少々
  • 隠し味

私はシンプルなポテトサラダが好きなので、じゃがいも以外はベーコンのみです。ベーコンがなければ、ハムでもOKですよ。

お好みで玉ねぎやきゅうり、人参を入れてもおいしいので、それぞれ入れる際のポイントも載せておきます。

玉ねぎは空気にさらす

玉ねぎを入れる場合は、繊維を断つように輪切りにし、切ってから常温で最低15分は空気にさらして(=広げて放置)、辛みを抜くといいです。

これにより、アリシンやケルセチンといった栄養を逃さないで済みます。

きゅうりは塩揉みする

きゅうりを入れる場合は、軽く塩をふって揉み、5~10分放置した後、軽く絞ってから入れるといいです。

こうすることで、食感を残しつつきゅうり独特の青臭さが抜けます。

人参はじゃがいもといっしょに蒸かす

作り方で紹介しますが、じゃがいもは茹でずに蒸かします。人参を入れる場合は、一緒に蒸かしちゃいましょう。この方が味が濃く、水っぽくなることもありません。


そしていよいよ隠し味ですが…ずばり、下の3つです!!

マスタード+レモン果汁+クリームチーズ

分量はそれぞれ

  • マスタード…小さじ半分
  • クリームチーズ…Kiriのブロック1つ
  • レモン果汁…数滴

です。

マスタードを入れる方は多いかと思いますが、この3つを入れている方は少ないんじゃないかと思います。これらを入れるのは、

  • マスタードで辛みと酸味をプラス
  • クリームチーズでコクをプラス
  • レモン果汁でクリームチーズのコクを残しつつ、マヨネーズとクリームチーズのくどさを回避

という目的からです。

作り方

では早速作ってみましょう。作り方は下のようになります。

  1. じゃがいもを蒸かす。
  2. ベーコンを5mm幅に切り、炒める。
  3. マヨネーズへマスタードとクリームチーズとレモン果汁を加え混ぜる。
  4. 蒸かしたじゃがいもの皮を剥き、ベーコンと混ぜ、塩こしょうを振る。
  5. じゃがいもへ3を加えて混ぜたら完成。

隠し味をマヨネーズへ加えて混ぜる以外は、普通のポテトサラダの作り方ですね。では、ポイントの確認です。

じゃがいもは蒸かす

まずじゃがいもですが、茹でずに蒸かします。こうすることで、水っぽくなるのを防げますし、蒸かした方が甘みが強くなる…気がします。

ポテトサラダ おいもは蒸かす

ベーコンは軽くカリッとさせる

ハムを使う場合でも、軽く焼き目が付くくらいまで炒めるのがポイントです。これにより、香ばしさが活きます。

隠し味(マスタード+レモン果汁+クリームチーズ)は予めマヨネーズと混ぜる

隠し味たちは、じゃがいもへ直接混ぜるとうまく均一に混ざりません。なのでマヨネーズへ加えて混ぜますが、チーズはある程度形が残っているくらいの方がおいしいので、適当でOKです。

マヨネーズや隠し味は、好みで量を調整して下さい。この分量だと、どの味もほとんど感じないくらいです。まぁ、隠し味なので当然っちゃ当然ですが(笑)

ポテトサラダは白ワインやコンソメを使ったりしているレシピも見かけるので、もっとおいしくできたらまた紹介しますね。

Food, Recipe

Posted by 管理人