【Googleアドセンス】収益が1円!? 仕組み&単価を確認しよう!

2019年5月21日PC, WordPress

アドセンス広告種類

Googleのアドセンスを始めると、毎日いくらになっているか気になりますよね?そこで見てみると1円!?ってなったことありませんか?アドセンスの収益はクリックだけではありませんので、このようなことも起こります。その仕組みを見てみましょう。

スポンサーリンク

アドセンス収益の種類

アドセンスをやれば数十円単位で収益が発生する、というのが一般的な認識かと思います。それなのに、いざ始めてみたら、収益が1円になる日が続いていたりすると、???ってなりますね。

これは、アドセンス収益の種類に違いがあるためです。アドセンスの収益には4種類あります。

  • クリック単価(CPC)
  • インプレッション単価(CPM)
  • アクティブビューのインプレッション単価
  • エンゲージメント単価(CPE)

収益が1円となっているのは、クリック単価以外での収益によるものなのです。

では、それぞれの収益について確認していきましょう。

クリック単価(CPC)はそのままの意味

クリック単価(CPC)は、ユーザーの1回の広告クリックから得られる収益です。これが一般的にアドセンス広告による収益と認識されているものだと思います。

この収益が一番大きいので、ここを伸ばすことがアドセンスの最終目標です。

インプレッション単価(CPM)は見られただけで収益になる

インプレッション単価(CPM)とは、「表示回数1,000 回あたりの単価」です。支払いは、広告が表示された回数に応じてになります。

先ほどから出ている、収益1円とはこれによるものです。

初めのうちはクリックされることは少ないため、これによる収益から始まる人がほとんどだと思いますが、サイトが見られていることには変わりないので、諦めずに続けて行けば広告がクリックされるようになります。

アクティブビューのインプレッション単価は条件付きCPM

アクティブビューのインプレッション単価は、インプレッション単価のうち、広告の50%以上が最低1秒間画面に表示された場合に支払われます。

エンゲージメント単価(CPE)は積極性

エンゲージメント単価(CPE)は、広告に2秒間カーソルを合わせた場合などに収益が発生します。


種類としては4つありますが、大まかにはクリックされて収益となるか表示されて収益となるかになります。

そして、どちらを表示するかは自分では選べません(Googleが判断します)。なので、インプレッション単価広告をクリックされても、収益が発生しないという事態もある訳です。

クリック単価(CPC)の確認方法

続いては、クリックされた広告の単価を確認する方法です。

基本的には数十円と言われるCPCですが、例えば私の場合でも、それなりに差があります。

CPC見本

できれば単価の高い広告の方がいいのですが、どの広告が表示されるかはGoogle先生次第なので諦めましょう。

では確認の仕方です。手順は簡単なので安心して下さい。

まずはGoogleアドセンスのホーム画面から「レポート」をクリックして下さい。

CPCの確認方法1


次に、「デフォルトのレポート」をクリックします。

CPCの確認方法2


最後に、「クリック数」というタブを選んで下さい。そうすると、CPCという項目があります。

CPCの確認方法3


これでCPCの確認方法は終了です。これからも優良な記事を書き続けて、どんどんクリック数を増やして行きましょう!

PC, WordPress

Posted by 管理人