【ルクセリタス】アドセンス広告の貼り方

2019年2月23日PC, WordPress

アドセンスの貼り方 浮かび上がるタッチスクリーン

クリック報酬型広告のGoogleアドセンスは、お手軽な自動広告もいいのですが、場合によってはサイトのレイアウトが崩れる場合があります。それを防ぐためには、自分で任意の場所へ貼り付ける必要があるのですが、1つ1つやっていては手間ですよね。ルクセリタスならば、ウィジェットで簡単に設定できますよ。

スポンサーリンク

ウィジェットの設定位置

まずは広告を貼り付ける前に、貼り付ける場所を決めましょう。ルクセリタスには、なんと設定できる場所が19カ所もありますので、だいたい設置したいと思う場所はあると思います。

大まかにわけると、サイドバー用、ホームページ用、投稿ページ用の3つになります。

  • 凡用サイドバー
  • トップページ用サイドバー
  • トップ以外のサイドバー
  • スクロール追従サイドバー
  • ヘッダー下ウィジェット
  • 記事タイトル上
  • 記事タイトル下
  • 投稿内で最初に見つかったH2タグの上
  • 関連記事上ウィジェット
  • 関連記事下ウィジェット
  • 記事一覧上ウィジェット
  • 記事一覧中央ウィジェット
  • 記事一覧下ウィジェット
  • フッター左
  • フッター中央
  • フッター右
  • 記事下ウィジェット
  • 記事下ウィジェットよりさらに下
  • 3カラム左サイドバー
  • ※それぞれタイトルH3、タイトルH4、AMP用いずれかがあります。

最初はどこがどこだがわかりにくいかもしれませんが、先ほどの大まかな分類、サイドバー用、ホームページ用、投稿ページ用ごとに、ページ上ではどこの部分なのか、図入りで載せましたので見ていきましょう。

サイドバー用は5つ

  1. 凡用サイドバー
  2. トップページ用サイドバー
  3. トップ以外のサイドバー
  4. スクロール追従サイドバー
  5. 3カラム左サイドバー
アドセンス広告の設定方法 サイドバーの場合

サイドバーのどこに広告を載せるか、その表示位置自体は、どれでも調節できます。何が違うのかというと、どのページに表示させるのか?ということです。

(1)凡用サイドバー とは、全てのページのサイドバー、という意味です。特にこだわらなければ、これでOKです。

逆に、(2)トップページのサイドバーだけ、あるいは(3)トップページ以外のサイドバーに、という設定もあります。

(4)はそのままの意味で、スクロールに合わせて付いてくるサイドバー用の設定です。

(5)3カラム左サイドバーは、3カラムの場合のみ左側に表示されます。

好みの設定を選んだら、どの場所に表示させるかを選びましょう。選ぶといっても、ドラッグして任意の場所へずらすだけです。

参考までに、当サイトの場合は上のようになります(記事投稿時現在)。サイト内検索、最近の投稿に続いて、Google広告が表示されるようになります。

ホームページ用は7つ

  1. ヘッダー下ウィジェット
  2. 記事一覧上ウィジェット
  3. 記事一覧中央ウィジェット
  4. 記事一覧下ウィジェット
  5. フッター左
  6. フッター中央
  7. フッター右

これは画像で見てもらった方が早いと思います。下のように表示位置を選べますので、それぞれ好みの位置に挿入しましょう。

投稿ページ用は7つ

最後は、投稿ページ用のウィジェットです。こちらも同じく7カ所です。

  1. 記事タイトル上
  2. 記事タイトル下
  3. 投稿内で最初に見つかったH2タグの上
  4. 関連記事上ウィジェット
  5. 関連記事下ウィジェット
  6. 記事下ウィジェット
  7. 記事下ウィジェットよりさらに下

表示位置については、次の画像を見てもらった方が早いと思います。投稿ページの上部分と下部分を左右に載せています。

(6)記事下ウィジェット
(7)記事下ウィジェットよりさらに下
の違いは、記事下のメタ情報の上か下かです((6)が上、(7)が下)。

改ページがある場合は、(6)記事下ウィジェットだと「次へ」よりも上に表示されるため、(7)記事下ウィジェットよりさらに下の方が無難です。

これで表示位置についてはわかって頂けたかと思いますので、いよいよ設定に移りましょう。

ウィジェットの設定手順

まずは、「外観」→「ウィジェット」と進みましょう。すると、下のようにウィジェットの設定ページになります。

アドセンス広告の設定方法 ルクセリタスのウィジェット設定画面

左半分の利用できるウィジェットというのが、先ほど見てきた設定できる場所になります。今回は「#1 アドセンス(Luxeritasオリジナル)」を使いますので、ここをクリックして下さい。

すると下のように一覧が出て来ますので、設定したい場所を選んで、「ウィジェットを追加」ボタンを押して下さい。

今回はヘッダー下ウィジェットを選んでみました。

アドセンス広告の設定方法 位置を決める

すると次は下のように選んだ場所が展開されますので、「タイトル」、「内容」、「広告サイズ」を設定していきます。

アドセンス広告の設定方法 必要事項を記入

「タイトル」には「広告」あるいは「スポンサーリンク」と書きましょう。これはGoogleアドセンスの利用規約にあるので、これを書かないと規約違反になってしまいます。注意して下さい。

「内容」にはGoogleアドセンスからコードをコピーして貼り付けて下さい。その際アドセンスの広告サイズは、レスポンシブを選んで下さい。

最後に、「広告サイズ」は「指定しない」を選びましょう。デフォルトではこれにチェックが入っているはずですので、特に触らなくてOKです。

先ほど広告サイズをレスポンシブにしたので、ここで敢えて設定する必要がないのです。あとはその下にある「完了」を押せば終わりです。

とても簡単に設定しやすく設計されていますので、すぐに終わりますね。試行錯誤を繰り返して、自分の好みに合うような表示を目指しましょう!!

PC, WordPress

Posted by 管理人