【アドセンス】ads.txtが含まれていない?? 警告が出たときの対処法

PC, WordPress

ads.txt警告の対処法

Googleアドセンスを使っていて、下のように「ads.txtファイルが含まれていないサイトがあります」と警告が出たとき、どうすればいいのでしょうか?

ads.txtに関する警告

私もよくわからないで苦労したので、できるだけ細かく対処法を書きました。

スポンサーリンク

ads.txtファイルって?

まず、ads.txt(アズテキスト)ファイルとは何なのか?ということですが、これはAuthorized Digital Sellers(直訳すると認可されたデジタル販売者)を略したもので、IAB(Interactive Advertising Bureau)により発表されたものです。

その説明には、

プログラマティック取引において、偽造された広告枠や不正なインプレッションの販売を防止するツール

とありますが…何だかわかりそうでわからないですね。簡単に言えば、

広告詐欺を防ぐための仕組み

です。詐欺と名が付いてドキッとするかもしれませんが、実際に被害を被るのは皆さんではなく、広告主です。

どう言うことかというと、広告詐欺とは

広告を記載したり、クリックされたりしているように偽装して収益を得る手法

だからです。そして、最終的に収益を得るためにはアカウントIDが必要なのですが、これがちゃんとしたものなのかを確認する仕組みがads.txtになります。

広告主のメリットが大きいのですが、広告を掲載する側としては、安心して枠を買い付けてもらうという意味合いがあります。

ads.txtの設置方法

そこで本題に戻って、ads.txtファイルが含まれていないと警告が出た時の対処法ですが、話は簡単で、ada.txtファイルを設置すればいいだけです。

手順は以下の4ステップになります。

1.テキストファイルを新規作成する。

2.ファイル内に次の1行を書く。

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

この時、pub-0000000000000000の0の部分はアドセンスのサイト運営者IDになります。この確認は「アカウント」→「アカウント情報」と進めば見ることができます。

アドセンス サイト運営者IDの確認


3.ads.txtと名前を付けて保存する。その際、文字コードをUTF-8にして保存する。

テキストファイルの保存


4.ads.txtをドメインルートにアップデートする。

アップデートはサーバーへ行うのですが、私はエックスサーバーを使っているので、ここからはエックスサーバーへアップロードする方法で説明します。

4-1.ファイルマネージャー(FTPサーバー)へログインする。

ファイルマネージャーへのログイン


4-2.自分のサイトのフォルダを選択する。

ファイルマネージャーへのファイル追加1


4-3.「public_html」を選択する。

ファイルマネージャーへのファイル追加2


4-4.ファイルのアップロードにある「ファイルの選択」をクリック→先程作った「ads.txt」を選択→「アップロード」ボタンを押す。

ファイルマネージャーへのファイル追加3


下のようにファイルが表示されていればOKです。

ファイルマネージャーへのファイル追加4


正しくできているかの確認は、下記サイトでできます。

ads.txt管理 https://fe.datasign.co/adstxt

私もやりましたが…

“ISO-8859-1" は誤った文字コードです。utf-8で作成してください。

と出て来ました。UTF-8で保存したのになぜかはわかりませんが、その場合は同じく「public_html」にある「.htaccess」へ以下を追加して下さい。

<Files ads.txt="">
AddType “text/plain; charset=utf-8" .txt
</Files>

ちゃんとできていればアドセンスの警告表示はすぐに消えます。

警告が出た時は焦りますが、対応自体は難しくありません。上記のステップで確実に対応し、引き続き広告を出してもらいましょう!

PC, WordPress

Posted by 管理人