【ハーゲンダッツ翠(みどり)】濃茶は35周年記念の期間限定!!

Food, Review

ハーゲンダッツ翠 外観

ハーゲンダッツと言えば、ちょっとお高め贅沢なアイスですね。そのハーゲンダッツから、日本での販売開始35周年を記念して、期間限定で特別な味が出ました。その名も「ハーゲンダッツ翠 濃茶」です。どんな味なのか、気になりますね!

スポンサーリンク

なぜ翠(みどり)なの?

ハーゲンダッツには今までも様々な味が出ていますが、35周年を記念した商品がなぜ翠(みどり)なのでしょうか?

それは、日本で初めて開発した商品が「グリーンティー」だからだそうです。今なお人気の「グリーンティー」味の魅力をさらに伝えるために、より価値を高めた濃茶として発売されたのですね。

その「翠 濃茶」味ですが、メーカーのサイトでは下のように紹介されています。

同商品のためだけに特別に時間をかけて作られた※手摘みの初摘み茶葉のみをふんだんに使用しました。ぜいたくに丁寧に作られた、抹茶本来の甘味と渋味のバランスが取れた今までにない濃厚な味わいが楽しめる、濃茶を表現した抹茶アイスクリームです。
パッケージは濃茶の世界観をイメージしたデザインに水引を使った35周年のマークを加えました。また、アイスクリームの濃い緑色が映えるように内側が黒色のカップを新たに開発しました。フタには光の屈折が美しい「クラウンリッド」※を使用し、35周年にふさわしい特別なパッケージです。

さらに特設サイトも設けられており、見れば見るほど気になってしまいます。

ハーゲンダッツ翠 濃茶 https://www.haagen-dazs.co.jp/midori

特別なパッケージの見た目はいい感じなのですが、容量については「グリーンティー」が110mlなのに対し、こちらは100mlとやや少なくなっています。

いくらで買えるの?いつまで販売するの?

ハーゲンダッツはややお高めのアイスですが、この「翠 濃茶」はさらにお高めで税抜き324円です。

「翠 濃茶」に使われているのは35周年とかけて“35日以上"覆いをして栽培した初摘みの茶葉を使用しているとのことなので、このこだわりが反映されているのかもしれません。
※一般的な玉露の被覆期間は20日程度。

ハーゲンダッツ翠 中身
「翠 濃茶」は「グリーンティー」よりも濃いように感じます

この「翠 濃茶」は期間限定での販売とのことなのですが、実際にいつまでなのかが気になりますよね?

メーカーのサイトを見てみると…残念ながらいつまでなのかは書いてありませんでした。

原料次第なのかもしれませんが、発売は2019年7月9日なので、この記事を書いている時点ですでに1ヶ月ほど経っています。気になっている方は、なくなる前に買っておきましょう。

ちなみに、定価はややお高いですが、スーパーなどでもお目にかかれますし、私は税抜き200円ちょっとで買えたのでラッキーでした。

お味は?おいしいの?

ここまで、ハーゲンダッツのこだわりを見てきましたが、実際の味はどうなのでしょうか?

と、その前に、カロリーなどはどうなのでしょうか?「グリーンティー」と比較すると、mlあたりのカロリーは差がないということがわかります。

容量
(ml)
エネルギー
(kcal)
たんぱく質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
食塩相当量
(g)
1002204.213.620.20.1
グリーンティー1102394.814.821.60.1

そして、いよいよ実食です!!

ハーゲンダッツ翠 中身2

味は、「グリーンティー」よりもやや濃いような感じがしますが、すごく違うというほどではありません。それでも、「グリーンティー」よりも良い意味でやや苦みがあり、抹茶の旨味が強いような感じなので、あっと言う間に食べきってしまします。

何回も買うほどではありませんが、1度は食べておきたい!!と思わせてくれる、そんな贅沢な味わいです。もし、まだ食べていないけど気になっているという方がいたら、せっかくなので食べてみて下さい。

Food, Review

Posted by 管理人