【ハッシュドビーフドリアの作り方】残り物のリメイクにもGood!!

Food, Recipe

ハッシュドビーフドリア 出来上がり

今回紹介するのは、ハッシュドビーフドリアのレシピです。お店で食べたときにおいしかったので、自分で作ってみました。ハッシュドビーフが残ったときにアレンジしてもいいのですが、このために作りたくなるくらい、おいしいんですよ!

スポンサーリンク

材料(2人分)

今回のレシピは、ハッシュドビーフとホワイトソースを作り、それを皿に盛り付けてから最後にトースターで焼きます。

そこで、材料はそれぞれで書いてあります。手間がかかりますが、ハッシュドビーフとホワイトソース両方があることで、格段においしくなります。

ハッシュドビーフ

  • 牛肉切り落とし…150g
  • 玉ねぎ…1/6(ホワイトソースと合わせて半分)
  • 大玉トマト…半分
  • 赤ワイン…大さじ5
  • ハインツのデミグラスソース缶…半分よりやや多め
  • ケチャップ…大さじ1
  • ウスターソース…大さじ半分
  • 塩…少々

ホワイトソース

  • バター…30g
  • 薄力粉…30g
  • 牛乳…300ml
  • 玉ねぎ…1/3(ハッシュドビーフと合わせて半分)
  • 塩…少々
  • こしょう…少々

ドリア

  • シュレッドチーズ or スライスチーズ…お好みの量

まずハッシュドビーフの材料についてのポイントです。

フレッシュトマトを使う

生のトマトがなくても、そこそこおいしいですが、あった方がさらにおいしくなります。

これはトマトの酸味と、加熱することで得られる旨味成分のグアニル酸によるものです。

続いてはホワイトソースに関してです。

薄力粉:バター:牛乳=1:1:10

この比率であれば、増やしても減らしても問題ありません。このレシピではハッシュドビーフの方がやや多いくらいですが、お好みで量を調整して下さい。

今回のレシピに関しては、特別な材料はありません。ただ作るのがやや面倒なのですが、その手間さえ惜しまなければ、ちゃんとおいしく作れます。

作り方

それでは早速作りましょう。ハッシュドビーフ、ホワイトソース、それぞれを作って仕上げていきます。

作り方を見ると手間がかかるように思われますが、基本的には炒めるだけです。

ハッシュドビーフ

  1. 玉ねぎを縦に千切りにし、皿へ移しふんわりとラップをかけ、600Wで2分半加熱する。
  2. トマトを1cmの角切りにしておく。
  3. 牛肉を炒め、色が火が通ったら先ほどの玉ねぎを1/3入れて炒める(残りの玉ねぎはホワイトソースへ入れる)。
  4. 最後に角切りのトマトを入れ、水気が飛んだら、赤ワインを入れる。
  5. 軽く沸騰させアルコールを飛ばしたら調味料(デミグラスソース、ケチャップ、ウスターソース、塩)を全て入れ、軽く炒めたらハッシュドビーフの完成。

ハッシュドビーフは、特段注意しなくとも、適当でOKです。

ホワイトソース

  1. 鍋に薄力粉とバターを入れ、弱火にかける。
  2. ひたすらへらで混ぜ返しながら、3~4分火にかける。
  3. ふつふつと気泡が出て来たら、牛乳を加える。
  4. 塩、こしょうを加え、ルーにとろみが出てくるまで弱火で混ぜ返す。
  5. 火を止め、電子レンジで加熱した玉ねぎを加えて混ぜたら完成。

一方で、ホワイトソースを作るときは注意して下さい。

ずーっと弱火で混ぜ続ける

ホワイトソースを作るときの失敗で多いのは、火を通し過ぎてしまうことです。

それを防ぐためにも、最初から最後まで弱火で調理して下さい。

ふつふつとするまで牛乳を加えない

バターが溶けると滑らかになりますが、ここからさらに炒めないと粉っぽさが残ります。

ふつふつとしてくるまで辛抱強く待ちましょう。もちろん、混ぜ続けて焦げないように注意して下さい。

ルーと牛乳の温度差が滑らかさに大切

牛乳はできるだけ直前まで冷蔵庫へ入れておきましょう。

また、加えた後は気持ち素早く混ぜて、ダマにならないように、再沸騰まで焦げ付かないように注意して下さい。

ちなみに、このホワイトソースはFOODIEのものを作らせてもらっています。下記サイトも参考にして下さい。

FOODIE 究極のホワイトソースの作り方 https://mi-journey.jp/foodie/14694

ここまで来れば、あとは盛り付けて焼くだけです。まとめて仕上げちゃいましょう。

ドリア

  1. 皿にご飯を平たく盛る。
  2. ご飯の上に、ハッシュドビーフとホワイトソースを盛り付ける。
  3. その上に、シュレッドチーズをのせる。
  4. トースターでチーズに焦げ目が付くまで焼いたら、ハッシュドビーフドリアの完成。

ホワイトソースは塩気をやや少なめにして、ハッシュドビーフをやや多めに入れると、食べた時のバランスがちょうど良くなります。

グラタンもラザニアもおいしいですが、それらとは異なるグラタン系レパートリーの一つとして、おすすめです。これを作ったら、ポイント高いですよ!

Food, Recipe

Posted by 管理人